入れ歯・ブリッジ・インプラント

「なぜ抜けたのか」を知り
「どうやって機能・美しさを回復させるか」に活かす治療

歯を失ったままでいるリスク

歯が抜けたままにしておくと、見た目の問題に加え、残っている歯にも悪影響が及びます。
歯はすべて揃ってこそ正しい位置・方向に収まっています。

1本の歯が抜ければ、両隣の歯、またその隣の歯と、徐々に傾き始めます。また、かつて咬み合っていた向かいの歯が伸び始めます。いざ人工歯を入れようと思ったときにスペースがない、ということになります。
当然、咬み合わせも悪くなります。さらに、顎、肩、腰のゆがみを引き起こします。

岡田歯科医院では、入れ歯、ブリッジ、インプラント、費用面を含め、親身になって相談をお受けします。

入れ歯

近年、入れ歯も進化しております。
入れ歯が合わなくなった、見た目に不満がある、という方もご相談ください。

レジン床デンチャー(保険適用)

床部分をレジン(歯科用プラスチック)でつくります。
厚みが出てしまいますが、永く快適に使用されている方も多くいらっしゃいます。

金属床デンチャー

床部分を金属でつくります。薄く、違和感を抑えられます。また、熱伝導性に優れますので、お食事の温かさや冷たさをしっかりと感じることができます。
チタンとコバルトクロムから選ぶことができます。チタンの方が軽く、金属アレルギーの心配もありません。

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使用しない入れ歯です。軽く柔らかい素材ですので、装着時の違和感はほとんどありません。大きく口を開けても、周囲に気づかれないほどの自然な仕上がりです。
耐久性の面ではやや劣ります。

インプラントオーバーデンチャー

2~4本のインプラントにより総入れ歯を固定する方法です。外れる心配がありません。しっかりと噛み、喋ることができます。
ご自身で外すことができますので、長年入れ歯を使ってきたという方にとっても、毎日のお手入れの方法が変わらず安心です。
※ただし、インプラントを埋入しますので、定期的にご来院いただいた上でのメインテナンスが必要です。
ボール状の突起を窪みにはめて固定する「ボールアタッチメント」、磁力で固定する「磁性アタッチメント」の2タイプをご用意しております。

ブリッジ

ブリッジとは、歯があった箇所の両側の歯を支台とし、橋を渡すように人工歯を並べる方法です。比較的しっかりと噛めますが、支台となる両隣の歯を削る必要があります。
一般的にブリッジに使用するレジンや金属の他、白く美しく、また身体にも優しい「セラミック」「ジルコニア」といった素材もご用意しております(保険適用外となります)。

インプラント

歯を失ってしまった箇所に、人工歯根を埋め込んで顎の骨と連結させ、その上に人工歯(上部構造)を被せて自立した1本の歯として使用できるのが、一般的に「インプラント」と呼ばれる治療です。

インプラント治療をお考えの方は、岡田歯科医院までご相談ください。

当院のインプラント

①十分な安全を確保してからの治療開始

インプラントは画期的な治療ですが、麻酔下で行う手術に不安を抱かれる方もいらっしゃいます。
当院では、決して無理にインプラントをお勧めすることはありません。あくまで客観的な視点で歯科医としての意見は申し上げますが、その上でご希望された方に治療を行います。なおかつ十分な安全が確保できるケースでしかインプラント治療は行いません。

②「なぜ歯を失ったか」を知っていただく

事故によるもの等を除いて、歯が抜けた・抜いたという場合には必ず原因があります。
なぜむし歯になったのか、なぜ歯周病になったのかを検証し、その原因をご自身にも知っていただきます。
特に、インプラントは抜けたそばから埋入していくわけにはいきません。
治療後の良好な状態を長く保つには、歯科医院でのメインテナンスだけでなく、ご自宅でのホームケアへの取り組みも欠かせません。

③埋入後のメインテナンスをしっかり受けていただく

身体に優しい素材ではありますが、インプラントは人工物です。埋入後は、定期的に通院していただいた上でプロによるメインテナンスを受けていただきます。
埋入前にメインテナンスのお約束ができない方には、インプラント治療は行いません。それほどメインテナンスは欠かせないものだとお考えください。

インプラント治療の流れ

①カウンセリング

ご希望、お悩みなど、何でもお話しください。

②診査・診断

インプラントが安全に埋入できるかどうかを判断します。

③治療計画立案

治療内容、治療期間、費用について立案いたします。
ご同意をいただいてから、手術へと進みます。

④1次手術

麻酔下で歯肉を切開し、人工歯根を埋め込みます。

⑤2次手術

人工歯根と顎の骨の結合が安定したのを確認した上で、アバットメント(人工歯根と上部構造の連結部分)を取り付けます。

⑥上部構造装着

上部構造(歯の部分)を装着します。

⑦メインテナンス

定期的に通院していただき、メインテナンスを受けていただきます。

 

詳しくは岡田歯科医院までお問合せください。